エリアマーケティングの目的とは?調査時に外せないポイントを解説!

エリアマーケティング

エリアマーケティングとは、エリア(地域)に特化したマーケティングであり、地域ごとの特性に合わせた戦略を練るには欠かせない手法です。しかし、エリアマーケティングの目的や店舗運営への活用法についてよく理解していない方も多いのではないでしょうか。

エリアマーケティングを企業の経営に活かすためには、その概要や目的、取り入れる際のポイントをしっかりと理解する必要があります。
ここでは、エリアマーケティングの概要や活用方法について詳しく解説していきます。

エリアマーケティングは「地域特性」から売れる仕組みを導く手法

エリアマーケティングとは、地域(エリア)ごとに特化したアプローチを選択し、きめ細やかな「売れる仕組みづくり」をおこなうこと。「どの地域を狙ってビジネスをおこなうのか」「特定の地域においてどのようなビジネスをおこなえば成功するのか」を考えるマーケティング手法です。

エリアごとに、住民の年齢層や生活スタイル・地場産業・交通インフラといった特性から需要分析をおこない、併せて競合他社の出店状況も調べることで、その地域に合うマーケティングを導き出します。

エリアマーケティングは「地域密着型マーケティング」とも呼ばれるように、調査した地域の特性情報を元にして運営戦略、販売、営業、マーケティングをおこなっていきます。エリアマーケティングは、新規出店時だけではなく既存店舗の業績改善を検討する場合など、さまざまな目的で活用できるマーケティング手法です。

エリアマーケティングは何を目的にしておこなうもの?

正しくエリアマーケティングをおこなうためにも、何を目的にするのかを業務担当者が適切に理解しておく必要があります。

目的①出店エリアを設定するため

エリアマーケティングをおこなう目的として、新規で店舗を出店するとき、支店を増やすときなどの「出店エリアの設定」が挙げられます。

地域住民のニーズに合わせた取扱商品やコンセプトの店舗を出店することで、売上アップが期待できます。エリアマーケティングをおこなうのは、新規店や支店の出店場所として適しているかを見極め、出店後に成功できるか否かの判断を下し、出店地域に合わせた営業形態を設定するためです。

また、店舗を出店する際には、営業時間や定休日・店舗の規模など、営業形態を細かく設定する必要が出てきます。地域ごとにニーズの高い時間帯や曜日などが異なるため、地域特性に合わせた営業形態を選ぶことで集客アップに繋がります。

目的②地域のトレンドを把握するため

地域ごとに異なるトレンドを把握することが、エリアマーケティングの目的の1つです。

対象地域で確立しているトレンドを調査・把握することで店舗の営業コンセプトを決めやすくなり、将来を見据えたマーケティングをおこなえるようになります。
地域のトレンドを把握するには、DMの投函やクーポン利用などによる販売促進のための戦略で得られたデータを活用します。自社で把握しているデータを元に、国勢調査や専門エリアの分析をおこなっている会社に依頼し、対象エリアに居住、もしくは通勤・通学している顧客の性別や年齢・居住地・職業などの詳しい顧客情報を調べます。

トレンド調査では、そのエリアで長く営業している店舗の情報をマーケティング対象に含めると、トレンドを把握するのに役立ちます。特に、地方都市では人口減少や少子化といった要因で、地域特性が流動的となるため、より詳細なエリアマーケティングが求められます。

目的③広告・販促戦略に活かすため

エリアマーケティングをおこなうのは、調査・分析によって導き出された情報を、効率よく広告戦略や販売戦略に活かすためです。

広告や販促は必ずしも多く打ち出せば効果があるとは限らないので、商圏の特性を明確にしたうえで効果が高い戦略を取り入れることが求められます。エリアマーケティングで需要を把握できれば、費用対効果が高い戦略を選択できるため、広告や販促費用の削減と目標達成に繋がりやすくなるのです。

年代・性別・家族構成などで効果的な戦略や広告が変わってくるため、エリアマーケティングのデータと広告・販促の種類を比較して適した手法を検討することをおすすめします。

エリアマーケティングを進める上で押さえておくべき3つのポイント

エリアマーケティングをおこなうにあたり、3つの外せないポイントがあるので確認しましょう。

顧客の特性

エリアマーケティングにおいてそのエリアで生活する人々の特性を調査することは非常に重要なポイントの1つであり、顧客の特性は以下の情報から分析できます。

・性別
・年齢
・収入、年収
・居住地
・職業
・家族構成、世帯構成
・ライフスタイル

エリア内で生活する人たちは今後の顧客になる可能性が高い人たちです。新規出店の場合は、エリア内に住む人たちのライフスタイルや暮らしの特徴を把握することで、ターゲット顧客のペルソナを設定しやすくなります。一方、店舗の業務改善が目的である場合、既存顧客の特性を詳しく分析することにより、リピート率の増加や売上アップに繋げられます。

競合の動向

既にエリア内で営業している競合店舗の動向を探ることも、エリアマーケティングの効率を高めるポイントです。

マーケティングによって得られたデータ・数値だけでは把握しきれないリアルタイムのニーズや良い顧客体験は、顧客が買い物をしている競合店の情報から得られるからです。競合店の動向を把握するためには、店舗数や規模・売上高といったデータだけではなく、実際に店舗に出向いて店内や来店客の様子をチェックすることが大切です。

市場の状況

エリアマーケティングを進めるためには、自社が展開している商品・コンセプトが属する市場についても、状況を把握する必要があります。

エリア内の市場規模や地域の情勢を分析することにより、そのエリアで出店したときの立ち位置を決めやすくなるからです。エリア内の市場を把握するとともに、全体的な市場調査を含む広い視野でのマーケティングをおこなうことも大切です。

まとめ

新規出店や既存店舗の業務改善に取り組むときには、地域住民の特性・競合店の動向・市場規模などを知り、エリアに特化したマーケティング戦略をおこなうことが大切です。

エリアマーケティングの目的や概要・ポイントを的確に理解し、効率よくエリアマーケティングを進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました