エリアマーケティングのメリットとは?経営戦略を支える4つのメリット

エリアマーケティング

地域に対するビジネスをおこなううえで、エリアマーケティングは欠かせない戦略の一つです。しかしエリアマーケティングが地域ごとの特性を汲んだマーケティング戦略であることは理解できていても、
実際にエリアマーケティングからどんなメリットが得られるのか、あまりわかっていないという人は少なくありません。

今回の記事では、エリアマーケティングが経営戦略や事業計画に欠かせない理由と、エリアマーケティングで得られるメリットについて解説します。

エリアマーケティングは強力な経営材料になる

エリアマーケティングとは、地域毎にニーズや特性を調査・分析し、それぞれのエリアに適した販促やアプローチを行うというマーケティング戦略の一つです。出店する地域の生活や地域住民の特性、需要や競合など自社のビジネスに関わるさまざまな事象を調査し、地域に根付いたマーケティングを行うことから「地域密着型マーケティング」と呼ばれる場合もあります。

エリアマーケティングによる分析やそれを基にした施策展開は、経営戦略における強力な材料となります。企業が業績を伸ばしていくには自社の顧客となりうるターゲットがどんな層であるかを明確にし、そのターゲット層がどこで生活を営んでいるのかを把握することが重要。つまり、ターゲット層の人口構成が多い地域を見極めて、店舗を出店していくことが利益を伸ばす最短の近道なのです

エリアマーケティングで得られるメリット4選


経営戦略を組み立てる際に欠かせないエリアマーケティングですが、具体的にはどのようなメリットを得られるのでしょうか。ここでは、エリアマーケティングをおこなうことで何が起こるのか、それによって自社にもたらされるメリットとはなんなのかを4つピックアップして解説します。

エリアマーケティングを行う利点を理解して、今後のマーケティング戦略に活用しましょう。

事業計画の策定精度が上がる

自社の売上促進や事業展開を考える時、重要なのは高精度な計画の策定です。
目標に向かって動き出すには、経営計画や広告販促計画、販売計画などさまざまな計画を設定しなければなりません。そのどれか一つでも目標に適していない不十分な計画になってしまえば全体の計画が崩れ、企業の経営状態を悪化させる恐れがあります。

エリアマーケティングで地域別のニーズを把握しておけば、その地域でどんな事業計画を行えば成功するかを見極められるので、企業の成長を促す高精度な計画を立てられるでしょう。

地域別ニーズを把握できる

全国均一に必ず売れる製品やサービスというものは、ほとんど存在しないでしょう。
極端な事例を挙げれば、カシミヤ100%で防寒機能抜群のマフラーは北海道や東北地方などの寒冷地では需要があっても、温暖な九州や沖縄では必要とされる割合は低いですよね。また、トイレットペーパーや洗剤などの消耗品はどの地域でも均等に売れると思われがちですが、地域によって品質が高い高単価な商品が売れる場合もあれば、低価格でお得な大容量パックが売れる場合もあります。

実店舗を出店し製品やサービスを提供するとき、その地域がどんな生活様式なのか、どんなものが求められているのかを明確にしなければ、需要とずれた商品を販売し続け利益を生み出せない可能性もあります。
そのため、詳細なエリアマーケティングをおこない、地域別のニーズやその地域で暮らす人々の特性を把握すれば、
「何を売れば儲かるのか」が見えてくるので自社の方向性や経営戦略を組み立てやすくなります。効率的な店舗運営は売り上げを上げるだけではなく、販促コストを下げるという効果も生み出し営業利益の向上も期待できます。

営業活動が効率的になる

エリアマーケティングによって分析されたデータは地域始業の把握に繋がり、その地域に求められているものやトレンドを営業活動に落とし込みやすくなるのです。企業や顧客を訪ねて自社の商品を売り込む営業担当者や地域の販促担当にとって、稼働や集客に対する手ごたえが無いというのは深刻な課題になり、会社の成績が伸び悩むだけではなく本人のモチベーションにも影響を及ぼします。

エリアマーケティングによって「どの地域にどんな宣伝やプロモーションが必要か」を分析できれば、営業・販促担当者が積極的なセールスやアプローチを行える土壌を固められるでしょう。

時間や予算は限られているので、より反響が強い地域を絞り込んで営業を行ったり、ポスティング配布などの販促活動を行ったりしたほうが効果は得られやすいでしょう。
加えて、エリアマーケティングで事前に自社の製品やサービスに関心が高い地域を抽出しておけば、営業ルートを決める際の参考にも活かせます。

マーケティングに活用できる

エリアマーケティングでは、出店する店舗や既存店の周辺地域に対して、人口構成や競合店舗、アクセス、地理的な特徴などを細かくデータ化します。それらのデータを活用すると、どういった販促を行えばいいか、どの程度の商圏にアプローチすればいいかなどの定義が定めやすくなります。

エリアマーケティングというのは、データを集めて分析することが目的ではありません。エリアマーケティングはあくまでマーケティングを効率的に行うため、そしてマーケティングの成功によって自社の業績を高めるための材料なのです。そのため、エリアマーケティングを実施するときは、エリアの分析過程で満足するのではなく、
生み出されたデータをどのようにマーケティングに活かしていくかを考えましょう。

エリアマーケティングを理解して経営戦略に活かすために


エリアマーケティングという手法とは、自社がアプローチする地域を均一に考えるのではなく、地域別に受容や文化、生活様式を分析し地域の特性に合ったマーケティングを行うための戦略の一つです。
製品やサービスの需要は地域差が大きく、ニーズの違いを的確に押さえられれば事業計画も立てやすくなり、効率的に業績を向上させていけるでしょう。

そのためには、まず自社のメインターゲットを選定したり、正しい商圏範囲を設定して分析の基礎作りを固めたり、自社商圏の分析のためにツールを導入したりなどの準備が重要です。ノウハウが無い状態でエリアマーケティングを行っても、欲しいデータが集まらず作業時間とコストを無駄にしてしまう恐れもあります。
エリアマーケティングで経営戦略を強固なものにするためには、ノウハウが蓄積されたエリアマーケティングツールやサービスの利用をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました