エリアマーケティング戦略に活用できる広告の種類とは?

エリアマーケティング

地域のニーズを把握できるエリアマーケティング戦略を活かしてエリアに適した広告を発信できれば、今まで以上に集客効果を実感できるでしょう。今回の記事では、エリアマーケティングデータが使われている広告にはどのようなタイプがあるのか、エリアマーケティング戦略に活用できる広告手法を詳しく紹介します。

エリアマーケティング戦略の重要性とは?

エリアマーケティング戦略とは、エリア別のニーズや特性に合ったマーケティングをおこなう戦略を指します。自社の影響力が及ぶ範囲、つまり「商圏」内のエリアを細分化して各地域を分析し「どんなマーケティングを実施すれば効果があるのか」を設定していきます。

エリア分析が正しくおこなわれると、「そのエリアで暮らすターゲット層が何を求めているか」「どんな方向からアプローチすればいいのか」などの地域の世帯の特性が明確になり、費用対効果が高い広告や販促を実施できるのです。

エリアマーケティング戦略をもとに
商圏を分析して得られたデータを活用しておこなう広告戦略を「エリアマーケティング広告」と呼びます。実際にどんな広告戦略に分析データが活用されているのか、オンラインとオフラインそれぞれの具体的な手法を見ていきましょう。

オフラインエリアマーケティング広告

オフラインのエリアマーケティング広告とは、数ある広告手法である雑誌・新聞などの媒体による広告の総称を指します。商圏分析ツールのエリアマーケティングGISなどでターゲティングがしやすく、一定の露出が保証されるため、古くから多くの企業で活用されています。

なお、テレビやラジオでの広告は電波を使用するためオンラインと思われがちですが、オフラインのカテゴリーに属します。

看板や屋外告知

屋外広告のメリットは「認知力」です。
店舗利用の有無にかかわらず不特定多数の人の目に留まり、商品やサービスを知ってもらうことに関して高いアドバンテージを発揮します。

一方で直接的な購買に繋がる割合は低く、認知から来店・利用までに時間を要するデメリットもあります。
購買に繋げる効果が高い別の広告も取り入れてデメリットをカバーしましょう。

ポスティングでの広告配布

ポスティングとは、広告物を直接ターゲットの自宅に届けるタイプの広告手法です。
指定エリアの全世帯を対象とする「全戸配布」や、一軒家・アパートといった特定条件を満たした世帯向けの「戸建住宅限定配布」「集合住宅限定配布」などがあります。

顧客の理解度が効果を大きく左右するポスティング

ポスティングはエリアマーケティング広告の中でも、特に顧客理解が重要な手法。
やみくもにチラシを配っているだけでは、かけた費用を回収できる効果は期待しづらいでしょう。

ポスティングの費用対効果を高めるにはエリア分析を入念におこない、どんなチラシをどのエリアに配るかを明確に設定しましょう。
また、実際に配った回数や時期を記録し、どの程度レスポンスがあったかを集計して次の広告企画に活かしましょう。

ばらまきしやすい新聞折込で新規顧客の開拓を

新聞折込とは、新聞に挟み込まれた広告の総称。
スーパーマーケットや飲食店・百貨店など広い業種で活用されています。新聞購読率が高いシニア層に効果が期待できる広告です。

新聞折込の特徴は、不特定多数にまとめて広告をばら撒けることです。新聞は契約している世帯が必ず見る媒体なので、折込にも目を通す確率が高くなります。その結果、今まで自社を知らなかった層にも存在をアプローチできます。

ただし、新聞折込は戸建限定や丁目指定などの細かな配布設定がおこなえません。エリアマーケティングで新聞購買率や地域の年齢層をよく分析して配布エリアを選定しましょう。

オンラインエリアマーケティング広告

オンラインエリアマーケティング広告は、インターネットを通してWebサイトやアプリに表示される広告の総称です。リスティングやディスプレイ広告・純広告など種類が豊富で、Webサイトへの流入が主な目的です。
オンライン広告はネットワークがつながっていれば気軽に始められるというメリットがあります。また、広告を見たターゲット層の動向が把握しやすく、容易に効果測定できる手法としても人気です。

GoogleMapを使用した広告「ローカル検索広告」の掲載

はじめに挙げるオンラインでの効果的なエリアマーケティング広告は「ローカル検索広告」です。
ローカル検索広告とは、Google Mapに表示させる有料広告のこと。企業がGoogle広告アカウントとGoogleマイビジネスを関連づけして、あらかじめ住所や電話番号といった店舗情報をGoogleマイビジネスアカウントに登録することで使用できます。

ローカル検索広告はユーザの位置情報を利用しているため、自社店舗付近で周辺情報を調べているユーザにターゲットを絞り込み、店舗の広告を提示できます。また、電話での問い合わせやルート検索などのユーザ行動を計測できるので、広告効果を数値で確認しやすいという特徴もあります。

有料広告サービスを利用すると、いつでもGoogle検索の上位に自社サイトを表示できますが、キーワードや地域によって広告単価が変わります。クリックごとに広告費が請求されるため、上限金額とクリック単価を決めて予算内に収めましょう。

費用をかけて意図的に広告を上位に表示させるローカル検索広告だけではなく、Googleマイビジネスに登録された情報の最適化によって検索結果の表示順位を改善し、表示回数・クリックの増加を図る「MEO対策」をおこなうこともおすすめします。

ジオターゲティング広告

ジオターゲティング広告とは、ユーザの通信データ情報を利用した広告手法です。ユーザが携帯しているスマートフォンのGPSによる位置情報やWi-Fiの接続履歴から、出かけた場所や入った店舗といったさまざまな情報が収集されます。そのデータをもとに、ユーザの趣味嗜好を反映した広告を発信できるシステムです。

ジオターゲティング広告は、ユーザの行動履歴を辿り「特定エリアにいる特定条件の人物」だけに広告配信できるため、
「特定のエリアに入ったタイミングでクーポンや店舗情報の通知を発信する」といった方法もあります。

例えば、引っ越しシーズンに「指定したエリアの学校・会社に位置履歴があった20~30代」に向けて広告を発信することで問い合わせやクリック率が上昇したという事例があります。このように「必要としている人に必要な情報を届けられること」がジオターゲティング広告の強みです。

まとめ:エリアマーケティング広告で費用対効果アップを狙おう

エリアマーケティングを活用すると、無計画に広告を展開するよりも高い費用対効果が狙えます。エリア別の特性を把握して、適した広告手法や内容を精査できるからです。
男性しか住んでいないエリアに「女性専用スポーツジム」の広告をばらまいても効果はありませんよね。
限られたコストの中で効果的な広告を打ち出すには、まずエリアマーケティングで土台作りを入念におこないましょう。

タイトルとURLをコピーしました