ジオターゲティング広告とは?特徴やメリット・注意点を徹底解説!

販売促進

GPSなどの位置情報システムを活用した新たなマーケティング手法「ジオターゲティング広告(またはジオ広告)」は、近年多くの企業が注目しています。
ジオターゲティング広告はオンライン広告のなかでも実店舗向けの集客施策で、特定エリアに限定して集客施策をおこなう際におすすめのマーケティング施策です。

この記事ではジオターゲティング広告の特徴、メリット、使用時に注意しなければいけないポイントなどを解説します。ジオターゲティング広告の特徴を学んで、自社のエリアマーケティングや出店後の販促施策に活かしましょう。

「ジオターゲティング広告」とは位置情報を使ったマーケティング手法

ジオターゲティング広告とは、ユーザがインターネット通信をおこなった際に発信される「位置情報」を利用したマーケティング手法です。

ユーザが利用するスマートフォンやパソコンから、GPS・Bluetooth・WiFiなどを介してさまざまな情報が発信されています。ジオターゲティング広告はそれらの位置情報などを元にユーザの現在位置や行動範囲を絞り込み、一人一人の趣味嗜好に合った広告を表示させる手法です。

例えば「〇〇のエリアに住んでいる確率が高いユーザ」や「過去90日間で日中、このエリアで活動している女性」など、場所だけではなくユーザの行動傾向を指定できることもジオターゲティング広告の特徴です。
広告を表示するセグメント条件を上手く絞りこむことで、既存の顧客だけではなく潜在顧客への認知やアプローチにも役立つでしょう。

ジオターゲティング広告が注目される理由とは?

ジオターゲティング広告は以前から使用されていましたが、ある時期を境に普及率が上がり注目されるようになりました。
元々存在したマーケティング手法が突然注目度を高めた理由とは一体なんなのでしょうか。
ここでは、ジオターゲティング広告が広く知られるようになった理由について解説します。

注目されている理由①:位置情報サービスの精度向上

昨今、ジオターゲティング広告に注目が集まっている理由の一つはテクノロジーの進化です。
少し前までは位置情報の精度が低く、位置がずれてしまったり、継続的な情報発信がおこなえなかったりという課題がありました。
しかし、近年位置情報サービスの技術力が著しく上昇したことで、精度の高いリアルタイムな位置情報を吸い上げられるようになったのです。

つまり、精密な位置情報をもとにした分析からターゲット層の求める広告を配信できるようになったため、ジオターゲティング広告に対する評価も上がってきたと考えられます。

注目されている理由②:ECサイトとの差別化

近年、急速に広がっているECサイトへの対抗策としてもジオターゲティング広告は有力視されています。

デジタルデバイスの普及でユーザのECサイト利用比率が高くなると、必然的に実店舗の利用率は低下します。実店舗経営でECサイトに対抗するには顧客の実店舗への認識度を高め、実店舗でしか得られない利便性や価値観を生み出さなければなりません。

そこで活躍するのがジオターゲティング広告です。
GoogleやYahoo!の広告と同様に、ジオターゲティング広告は1キャンペーンのなかで広告グループを分けられるタイプが多くなっています。またより細かい位置情報データを使っているため、より正確な広告配信が可能になります。

そのため、位置情報サービスによってターゲットとなる顧客に適した広告を配信すれば、効率的に実店舗の価値をアプローチできるでしょう。

ジオターゲティング広告のメリット

ジオターゲティング広告を利用したことがない人は、このマーケティング手法で得られる効果やメリットを具体的に想像しづらいでしょう。ジオターゲティング広告は画期的なマーケティング手法ですが、ネットワークや位置情報システムを使用するため「とっつきにくい」と感じる人もいます。

しかし、ジオターゲティング広告によって得られるメリットは実店舗の経営に欠かせないものばかりであり、導入すればある程度の効果を見込めるでしょう。まずはジオターゲティング広告を利用する際のメリットを確認して、
自社でジオターゲティング広告を導入する場合、どのように活用するかをイメージしていきましょう。

メリット①ユーザへの通知をおこなうことができる

ジオターゲティング広告は自店舗のターゲット層に対してベストなタイミングで通知をおこなえるマーケティング手法です。

例えば、自店舗がショッピングモールにテナント出店しているとしましょう。ショッピングモールで集客するとなった場合、数ある店舗から自店舗を選んでもらう必要があります。

その“数ある店舗から自店舗を選んでもらう”ために重要となるのが、ショッピングモールにある自店舗を認知してもらうこと。
顧客が商業施設に訪れたタイミングで限定クーポンやお買い得情報の通知ができれば、「せっかくだから寄っていこう」と自店舗に意識を向けさせ、来店・購買といった次の行動に繋げることが可能です。
「自店舗を認識させる」「関心を高める」という点において、位置情報で配信タイミングを決められるジオターゲティング広告は大きなアドバンテージを持つでしょう。

メリット②エリアを指定して広告配信がおこなえる

ジオターゲティング広告には、費用対効果の高い広告配信がおこなえるというメリットもあります。
広告配信をおこなうとき、エリアや施設・利用回数・訪れるペースなどを詳細に設定することで広告を配信するターゲットを絞り込めるからです。

つまり、自店舗を利用する可能性の高い顧客に対して集中的に広告配信がおこなわれるため、無差別に配信する広告よりもダイレクトな効果が期待できます。ただし、ジオターゲティング広告を有効に扱うには、顧客がどこに訪れるか、何に興味があるかといった分析が重要です。

自店舗の顧客に対して正しくペルソナ設定ができれば、広告の費用対効果をさらに高められるでしょう。

メリット③顧客の行動動向を活かせる

ジオターゲティング広告はユーザの位置情報データから
「自店舗に来店しているユーザは、ほかにどのような店舗に行くのか」
「(来店傾向を分析して)どのような特性を持ったユーザなのか」などの行動傾向を把握できます。

つまり、顧客の動向データに基づいた広告配信がおこなえるのです。

ジオターゲティング広告には注意点もある

ジオターゲティング広告は訪れる場所や時間を限定して配信できるため、まだ自店舗を認知していない潜在顧客へのアプローチや知名度の向上には効果が期待できます。

ただし、広告を見た人が必ず自店舗を訪れて商品やサービスを購入するとは限りません。
ジオターゲティング広告は、既存顧客や潜在顧客への認知拡大に用いられる場合が多くなっています。

そのため、ジオターゲティング広告だけに依存していると直接的な購買への動機付けがおこなえず、実際の業績向上に繋がらない、もしくは結果が出るまでに時間がかかる恐れがあります。
ジオターゲティング広告を使用する際には、ほかの広告や販促方法も併用し、高めた認知度を購買に繋げる道筋を作りましょう。

まとめ:ジオターゲティング広告で新しい視点のマーケティングを始めよう


位置情報サービスという新しいシステムを利用したジオターゲティング広告は、インターネット通信が普及して多くの一般人がデジタルデバイスを所持する現代社会に合ったマーケティング手法です。
今までのマーケティングとは違う視点で自店舗の知名度を高めたいときに、メリットや注意点を考慮した上で導入を検討してみましょう。

マップマーケティング社では、ジオターゲティング広告の運用代行サービスを提供しています。ユーザの行動をリアルタイムで測定して配信運用するため、より効率的で費用対効果の高い広告配信がおこなえるでしょう。

詳しい内容は以下の記事をチェックしてみてください。

TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告 | マップマーケティング株式会社
TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告 デバイスロケーションデータ(位置情報データ)によるスマートフォンのアプリケーションに向けた、ジオターゲティング広告の運用代行サービスを提供いたします。 お問い合わせはこちら >> ホーム > TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告
タイトルとURLをコピーしました