位置情報によるマーケティングを紹介!高精度の施策を取り入れよう

エリアマーケティング
この記事は約5分で読めます。

ユーザのリアルな行動を把握できることから、位置情報を活用したマーケティングが広がりを見せています。
位置情報マーケティングで何ができるのか、具体的な活用法について理解することで、より効果的なマーケティングをおこなえます。

ここでは、位置情報データがマーケティングの精度を上げる理由や、位置情報マーケティングの具体的な施策について解説していきます。

位置情報がマーケティングの精度を高める

位置情報とは、スマートフォンやパソコンなどのGPSやWi-Fi端末、ビーコン(Bluetoothを利用した屋内測位システム)などの基地局から割り出される利用者の現在地を示す情報です。

位置情報から得られる顧客の行動履歴や現在地などのデータを用いることにより、高精度かつ効果的なマーケティングをおこなえるようになります。WebサイトやSNSなどからもユーザ情報を取得できますが、あくまでもオンライン上での行動履歴しか取得できません。その点、位置情報データからは、自社の顧客が「どこを訪れたのか」「今どこにいるのか」を詳しく把握できるため、顧客の趣味や趣向、行動パターンをより正確に読み取りやすくなるのです。

自社の顧客について理解が深まると、「何を求めているのか」「なぜそれが必要なのか」といった分析をしやすくなり、顧客ニーズに合わせた訴求力が高いマーケティング施策を導入できるようになります。

位置情報を活用したマーケティング施策例

位置情報を施策に反映したマーケティングの事例について理解することで、自社に合った位置情報マーケティングの活用法や施策を選択しやすくなります。

過去の行動履歴を用いるペルソナ設定の詳細化

従来の顧客データに加えて過去の位置情報を調査・分析することにより、ユーザのペルソナを具体化できます。詳細なペルソナ設定は、さまざまなマーケティング活動に活かせます。

例えば、「30代」「女性」「月に1度スキンケアアイテムを購入」「スキンケアサイトの閲覧頻度が高い」などの顧客情報を取得できたとします。
そして、「土日祝日は杉並区」「平日は新宿区」といった顧客の位置情報を読み取ることで、ペルソナを「都心で働く30代女性、美容に関する関心が極めて高い」と想定できます。

顧客情報と位置情報から得られるオフライン情報を組み合わせることは、ターゲットを絞ったアプローチ方法考える際に役立ちます。顧客のニーズが多様化しているため、自社商品やサービスの需要を高めるためには、特定のユーザに向けて自社商品・サービスのメリットを確実に届ける必要があります。ペルソナが具体化していれば、ターゲットに刺さる広告宣伝をおこなえるだけでなく、ターゲットの目線に立った商品や資料作成、サービスの開発にも活用できます。

GPSを活用したリアルタイム情報発信

リアルタイムの現在地別にターゲットを絞り込んだ情報発信をおこない、売上アップに繋げた事例もあります。
リアルタイムの位置情報に応じてセグメンテーションを設定し、「クーポンの配信」「お得情報」といった情報を適したタイミングで発信できるため、店舗から顧客に対して興味関心の誘導をおこなうのに最適な手段です。

ある飲料メーカー企業では、SNSと連携した位置情報マーケティングを活用することで顧客の興味関心をうまく惹きつけました。SNSの公式アカウントに登録している顧客が店舗で自社商品が陳列されている棚に近づくと、携帯端末にキャンペーン情報が届くようにしたのです。「店舗で対象商品を購入すると商品券やポイントが当たる」というプレゼントキャンペーンの案内をタイムリーに発信してキャンペーンの認知度を高め購買客の獲得に繋げられました。

アプリやWeb広告を使用した来店分析

ネット広告やアプリを活用することで、オンライン施策をきっかけに来店した顧客の数を把握しやすくなります。

Google広告では、広告をクリックしたユーザが店舗に来店したかどうかを把握できる機能があり、広告の効果を検証するのにも役立ちます。また、自社アプリとビーコンを使用することで、アプリ使用者が来店しているかどうかをチェックできます。視覚化が難しいマーケティングの効果を測定する精度も上がるため、広告宣伝の費用対効果を確認しより効果的な戦略を検討するのに活用できます。

某レジャー施設では、ネット広告の効果を測定するために位置情報を活用しました。
モバイル広告を打ち出したものの、来場者がいつどのような形で広告に触れたのかがわかりにくく、来場者のペルソナを特定するのが難しかったためです。そこで、位置情報のデータを基にAIが提案した顧客エリアに広告配信を実施したところ、広告による集客効果を確認できました。また、位置情報から来場者がよく利用するショップや園内のエリアが把握できたため、より効果的な広告配信の仕組みづくりの構築にもつながったのです。

その他の来店計測付きのGEO広告はこちらのページで紹介しています。

TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告 | マップマーケティング株式会社
TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告 デバイスロケーションデータ(位置情報データ)によるスマートフォンのアプリケーションに向けた、ジオターゲティング広告の運用代行サービスを提供いたします。 お問い合わせはこちら >> ホーム > TerraMapシリーズを利用したジオターゲティング広告

まとめ

位置情報を活用することにより、オンライン上だけで知るのは難しいユーザのリアルな行動が把握でき、ペルソナの特定や位置情報を活用したリアルタイムな情報発信、来店分析といった高精度なマーケティングが可能になります。SNSと連携させるなどさまざまな手段があるので、位置情報によるマーケティング事例を参考にして、自社のマーケティングに有効活用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました