【小売マーケティングの重要性】考え方やマーケティング手法を解説

エリアマーケティング
この記事は約5分で読めます。

小売業で安定した店舗経営をおこない、売上アップにつなげるためには、マーケティングを活用することがポイント。
しかし、小売業でのマーケティングの立ち位置や詳細についてBtoBとの違いを感じる方も多いでしょう。マーケティングの手法も多様にあるため、小売業に適した手法を適切に取り入れる必要があります。
ここでは、小売業に役立つマーケティングの基礎知識や手法について詳しく解説します。

小売業にとってのマーケティングとは?

マーケティングとは、商品が売れる仕組みを作るための一連の活動を指します。多様な中からそれぞれの業種に合わせた手法を選ぶことで、マーケティングの効果を最大限に引き出せます。

ビジネスではマーケティングをおこなうのが基本ですが、日本の小売業界は仕入れや販売・店舗運用に力を入れる傾向にあるため、他の業界と比較してマーケティング戦略は進んでいないのが現状です。

小売業界でおこなわれるマーケティングとして、チラシでの集客やPOPの設置、競合店の簡易調査などを挙げるケースがほとんどですが、これは一部分にすぎません。
自分たちの経験や直感を重視した店舗運営をおこない、マーケティングに力を入れない小売業者が多かったため、マーケティング部門を持たない企業も少なくありませんでした。

本来、店舗は会社やブランドの個性をアピールできる場所であるはずですが、消費者に働きかける視点が欠けていると「その店らしさ」を伝える力が弱くなります。
顧客に合わせた商品の価格設定をして、魅力的なレイアウトに仕上げるためにも、マーケティングの思考を取り入れた店舗運営をおこなうことが求められます。

「小売ミックス」を意識してマーケティングをおこなおう

小売業では、商品・価格・立地など運営に影響するさまざまな要素「小売ミックス」と呼んでいます。小売ミックスに基づいた運営をおこなうことで、小売企業の独自性を生み出せるのです。
小売マーケティングの基本として、小売ミックスの構成要素をしっかり押さえておきましょう。

マーケティングに活かせる小売ミックスの5要素

簡単に、小売ミックスを構成する5つの要素を解説します。

品ぞろえ品ぞろえの品質水準、広さや深さ。
品ぞろえの豊かさと魅力度を高めることで顧客のニーズに対応できるため、大変重要な要素だといえる。
立地公共交通機関・自家用車・徒歩・自転車などあらゆる交通手段でのアクセスや、駐輪・駐車場の有無。
利便性の高い立地は集客アップにつながる重要な要素。
魅力的な立地は出店希望の小売業者が多いため、賃料やテナント料が高めになる。
店舗施設店舗レイアウト、BGM、エレベーター、空調、トイレ、照明器具など。顧客の購買意欲に大きく関わる。
プロモーションなど販促、販売員活動、広告、パブリシティ、セールスプロモーション、返品、クレジット、配送など。
買い物に伴う顧客の不便さや問題を解消して、購入に対する意欲をかきたてるサービス全般。
価格表示価格、割引や値下げ。
価格戦略によって顧客の購買意欲に多大な影響を与える。

小売業で役立つマーケティング手法を紹介

マーケティングの手法はさまざまあるため、小売業に活用できる手法を選ぶことが大切です。ここでは、小売業に活かせるマーケティングの手法を3つ紹介します。

エリアマーケティング

地域を区切り、その地域ごとに適したマーケティングをおこなう手法が「エリアマーケティング」です。
エリアマーケティングでは、地域ごとに住民の生活様式や主な産業・交通インフラなどから需要構造や競争状況を分析して、適したアプローチを考えます。
エリアマーケティングを効率よくおこなうには、エリアマーケティングツールを活用するのがおすすめです。
ツールを導入することにより、自社の立ち位置やライバル店との競合状況を正確に把握でき、精度の高い分析がおこなえます。

ダイバーシティマーケティング

ダイバーシティ(diversity)には「多様性」という意味があります。「ダイバーシティマーケティング」とは、顧客の価値観・性別・年代などの多様性を考慮し、それぞれの価値観に合わせた商品やサービスを提供・提案するマーケティング手法です。
顧客属性を調べて分析し自店舗を利用するターゲット層の多様性を把握することで、顧客にとって魅力的な店舗づくりにつなげる行動を指しています。
万人受けするメッセージではなく、「エコ」「ヘルシー」といった属性や価値観に合わせたメッセージを発信することで、顧客の購買意欲に影響を与えます。

リレーションシップマーケティング

「リレーションシップマーケティング」とは、長期にわたって顧客と良好な関係を築き、売上増加につなげるマーケティング手法です。
顧客との関係性を高めて、店舗や商品のファン化を狙うコンテンツマーケティングの手法と似ています。
リレーションマーケティングでは顧客と接点を増やす目的でダイレクトメールの送付やSNSを活用するため、割引やお得情報を発信して個人情報や顧客情報を収集することがポイントです。
顧客が喜んでくれるサービスを提供し続けることで、コストカットと並行した売上アップ、口コミによる集客が期待できます。

まとめ:マーケティングが小売の店舗運営をレベルアップさせる

小売業といっても大企業から零細企業・個人経営まで幅広く、経験や直感を優先させて運営していた店舗も多いかもしれません。しかしマーケティングを実践することで、より魅力的な店舗作りができます。
マーケティングの重要性や基礎知識・小売業に活かせるマーケティング手法の理解を深めて、運営向上を叶える店舗づくりを実現させましょう。

タイトルとURLをコピーしました