ポスティングが効果的な曜日は「土曜日」!業種別の違い・配布日も解説します

販売促進
この記事は約5分で読めます。

「初めてのポスティングで、いつ配布すればいいのか分からない……」
「ポスティングに効果的な曜日なんてあるの?」
そのような悩みや疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。

実際に、ポスティング効果が高いとされる曜日は存在します。
この記事では配布戦略や、業種ごとにポスティング効果の高い曜日は違うのかといったポイントを解説するため、初めてポスティングをする人も、最適な曜日を導き出す際の参考にしてください。

ポスティングの効果が高い曜日は「土曜日」

ポスティングに効果的な曜日は「土曜日」といわれています。

働き方自体が変わってきているとはいえ、土日の週休二日制を採用する企業は多いです。
慌ただしく過ごす平日より、土曜日は時間的に余裕のある人が多いため、配布したチラシをじっくり見てもらえる確率が高くなります。

しかし、実際には他の曜日にチラシが入っている場合もあります。なぜなら業種によっては、ポスティングに最適な曜日は変わるからです。

業種によってポスティングの反響率が高い曜日が違うことも

基本的にポスティング効果が高いのは土曜日ですが、業種によっては他の曜日に配布した方が良い効果を得られる場合もあります。

スーパーなどの小売業流通業や不動産業は土曜日にチラシを配布し、翌日の日曜に足を運んでもらうことを目的としています。

塾などの教育関連は平日にチラシを配布する傾向にあります。
気分が解放される週末を避け、堅実な気持ちになる平日に配布することでサービスの利用を促す狙いです。

外食業、美容・レジャーサービスなどのサービス業は、金曜や土曜にポスティングが多いものの、ポスティングのタイミングは曜日に左右されない傾向があります。曜日に左右されないのは、顧客のニーズに合わせて商品・サービスを提供できる体制が整っており、曜日を限定しない特徴があるからです。

このように、業種ごとに効果が出やすい曜日に違いがあります。
チラシを受け取るタイミングを想定し、「チラシを受け取ったときの心理的状況はどうか」「チラシの情報を受け取って、どのような行動を取ってもらいたいか」などを考慮してポスティングを実施しましょう。

土曜日以外に行う3つのポスティングの戦略とメリット


「土曜日に配布するのはいいけど、他のチラシもいっぱいあるなら、見てもらえるのか心配……」
「自社のサービスにぴったりな配布曜日を検討したい!」

こういった、ポスティングに不安のある人や自店舗に合った配布曜日を知りたい人向けに、土曜日以外に配る場合の戦略やそのメリットについて解説します。自店舗に最適な配布曜日をチェックしていきましょう。

オーソドックスに業種の配布分布が多い日に配る

「これまでポスティングの戦略について考えたことがなかった」
「初めてポスティングをする」

上記のような場合は、これまでに紹介した業種の配布傾向に合わせた曜日に配ることを基本としましょう。なぜなら業種ごとの配布傾向には効果の高さが裏打ちされているためです。

また、各業種の企業が試行錯誤を繰り返した結果こうした傾向が出ているので、ポスティングを初めておこなう人は同業種の配布傾向に合わせて配布してみるのがよいでしょう。

同業種が少ない日に配布して目立たせる

同業種が少ない日に配布して目立たせる手法もおすすめです。
これは一つ目のポイントである、業種の配布分布が多い日に配る手法とは正反対の戦略となります。

理由としては、あえて同業種のチラシ配布が少ない曜日にポスティングすることで自社のチラシを目立たせるという考え方です。実際に同業種のチラシが何曜日にポスティングされているかを調べ、同じ曜日には配布しないようにします。

商圏内に同業種の大手や競合がある場合、比較対象の少ない曜日を狙ってポスティングをおこなうとチラシが読まれやすくなります。その結果、デザインや割引特典などが他社と比較されにくく、自店舗の利用を促しやすくなるでしょう。

あえて配布枚数が少ない曜日を狙う

在宅時間の長い主婦層や高齢者などをターゲットにするならば、チラシの総配布枚数が少ない月曜・木曜を選ぶのも戦略のひとつです。月曜・木曜はチラシの総配布枚数が少なくなる傾向にあるため、自社のチラシが他のチラシに埋もれて読まれないというデメリットが回避できます。

時間に余裕のあるターゲットであれば、チラシが少ない分、じっくり見てもらえる可能性が高まるでしょう。平日の集客・問い合わせを希望するなら月曜、週末の集客が目的の場合は木曜を目安に配布するのがよいでしょう。

月曜や木曜に配布する際は、自店舗の定休日とポスティング当日・翌日が重ならなければ、効果が期待できます。

目安だけで判断せず「反響率」を分析するべき

一般的に配布効果が高いとされる曜日や、ターゲットに合った曜日を選んでポスティングをおこなうことは大切です。しかし、自店舗の商圏特性などによって人の流れや客層が違ってくるため、必ずしも同じ曜日にポスティングをすればよいとは限りません。

ポスティングした後の反響(反応)率、つまりポスティングしたチラシ総数に対する反応の割合が重要です。では、どのように反響率を調査すればよいのでしょうか。

例えば、事前の予約や問い合わせが多い不動産・サービス業などの場合は顧客の電話を受けた際に「サービスを知った経路」をヒアリングしたり、
飲食店やスーパーなどの場合は、割引券・クーポンといったオファーをチラシに付与してすると、ポスティングの反響率を測る効果測定が効率的に行え
ます。

このように工夫すると反響率を分析しやすくなり、何曜日に配れば自店舗にとって効果的かを見極められるでしょう。

まとめ:目安の曜日を参考に自社の傾向を探ろう

一般的にポスティングに最適な曜日は土曜日ですが、業種や戦略によっては別の曜日にポスティングをおこなうと、より効果を高められる場合もあります。
曜日の目安を参考に、自社の業種や集客したいターゲットなどを考慮した上で、ポスティングに最適な曜日を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました