商圏調査とは?調査をおこなうメリット・デメリットや手順を徹底解説!

エリアマーケティング
この記事は約6分で読めます。

「商圏調査」という言葉は、経営戦略を立てる際や新店の出店地選定の際によく耳にするでしょう。しかし、会議でリサーチデータを渡されるだけでは「商圏調査が何をおこなうことなのか」「商圏調査の重要性」などがいまいち理解できないまま計画が進んでしまいます。

商圏調査の分析データを効率的に活用するためには、調査の内容やデータを作るために何をおこなっているのかを把握する必要があります。
そこで今回は、商圏調査とは何を行う調査なのか、そのメリット・デメリットは何か、商圏調査を行うまでの手順を解説していきます。

商圏調査は何をすること?

商圏調査とは、「利用者が自社/自店舗に来店できる距離(商圏)」を定め、その商圏内で生活している人々や地域の特性、範囲内の競合情報などのさまざまなデータを収集し分析する調査です。

自社/自店舗が支持され、サービスや商品が愛され続けるには、出店している地域とそこで暮らす人々のニーズに合ったものを提供しなければなりません。商圏調査によって自社のターゲット層を明確にすることは、
経営戦略の立案や課題の解決に欠かせない重要な工程なのです。

商圏調査をおこなうメリット・デメリット

商圏調査をおこなうメリットは、自社が影響を与える範囲とその地域の特性を把握できること。

これはマーケティングにおいて大きな効果を発揮しますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、商圏調査をおこなうことで発生するデメリットにも注視しなければ出店、または販促の企画自体がなくなってしまう可能性もあります。

そのため、商圏調査をおこなう際にはメリットとデメリットを把握して効率的にデータ分析ができるように準備しておきましょう。
こちらでは商圏調査のメリット・デメリットを解説していきます。

商圏調査のメリットは施策への根拠が生まれ有用な計画が立てられること

商圏調査のメリットは、新規店舗の出店や販促施策でどのくらいの利益が見込めるか、より具体的で有用な計画が立てられるようになること。

会社経営では事業計画や販売計画、経営戦略などさまざまな計画を立てて、その計画に沿って事業が進められます。しかし、何の根拠も持たない憶測だけの計画を立てても成功率は低いでしょう。
そこで行われるのが商圏調査です。この商圏調査で収集したデータ群は出店や販促の計画に対して明確な根拠を生み出します。

例えば仮の計画が複数ある場合は、実行に移す計画を絞り込みます。そんなときに具体的な商圏調査のデータがあれば、根拠に基づいた決定ができるでしょう。さらに、もしその計画が失敗したとしても、結果をデータと照らし合わせて分析できるので、次回への改善点を抽出しやすくなります。

「計画」というのは経営戦略に限らず、営業、マーケィング、販売促進などさまざまな分野で立案されます。商圏調査の結果はそれらすべてに活かせるため、より具体的で有用な計画が作り出せるでしょう。

デメリットはコストと手間がかかること

商圏調査は「地図上で商圏内の情報を集める調査」と「実際に商圏を歩いてデータを集める調査」の2種類があります。

地図上で商圏の情報を集める場合、人口や世帯の種類、エリアの特性などを抽出できるツールを導入する必要があります。また、実際に商圏を歩く実地調査では、調査に使う時間と人員、費用を確保しなければならないので、どうしてもコストと手間が発生してしまうのです。

ツールを選定する際は、操作性やサポート体制、無料ツールにはない便利な機能があるか、全体的なコストがどれくらいかかるのかなど総合的に判断していきましょう。

自社に必要な手法を見極めてから商圏調査を

商圏調査は経営に欠かせない調査手法ですが、コストが膨大になっては経営の圧迫にもつながりかねません。調査から見えてくる分析データがコストに見合う効果をもたらすのかを考慮しながら、ツールで調査の段階か、または実地調査をする段階かの調査方法を決めていきましょう。

商圏調査の計画から実施までの手順


どんな業種であっても商圏調査の大まかな流れは変わりません。
ただやみくもに商圏を決めて実地調査をおこなっても役立つデータは得られないため、
計画から実地までの手順を把握して効率的なスケジュールを立てましょう。

ここでは商圏調査の手順を3ステップに分けて解説します。

ステップ1:商圏範を定める

商圏調査をおこなうには、まず距離や人口数、移動時間からみた「商圏」を定めなければなりません。
一番簡単な決め方は自社周辺の距離と人口数。これらのデータを使って、自社にとって理想的な商圏を設定していきます。

この距離と人口数は、総務省統計局が提供している「j STAT MAP」を使用すると範囲内の人口や世帯数を集計できます。

さらに統計データや推計データなどを基に商圏を設定したいのであれば「TerraMap」などの有料版エリアマーケティングGISなどがおすすめです。国勢調査のデータを基に世帯数だけではなく、年収階級別の世帯数や数年後の人口数、自動車・二輪車の保有台数などを抽出できます。またチェーン店の位置情報の追加やメッシュデータを基にした分析、異なる複数の統計データによる色分けなど機能も豊富なので、商圏の決定だけではなく商圏調査全てに役立つでしょう。.

エリアマーケティングGIS Terramapシリーズの詳細を見に行く

ステップ2:実際の商圏調査を実施する

自店舗の商圏を決めたら、次は範囲内の商圏調査を開始していきます。

まず地図上の情報を基に商圏内に「商圏を分断する障害物」が無いかをざっくりと確認していきましょう。
幹線道路や河川、線路、大型商業施設などがあると、そこから向こう側の範囲は商圏から外れる可能性があります。最初は円形で見る商圏も、地理と照らし合わせるといびつな形に変化することもあるのです。

また、その地域で暮らす人々の特性をまとめるのも重要です。ターゲットとなる顧客層がどのくらい住んでいて、どんな属性の世帯が多いのか、昼間と夜だとどちらの活動数が多いのかなどを集計します。その集計結果を踏まえ、自社のビジネスモデルと地域住民のニーズが合致しているかを洞察しましょう。

データ分析があらかた形になったら、次は実地調査に向かいます。商圏の中でも特にターゲット人口が多い地域を数か所絞り、実際に足で歩いて街並みや人の流れを観察するのです。
実地調査で最初に集めたデータと異なる点があれば修正や改善を重ねて、商圏調査の内容をブラッシュアップしていきましょう。

ステップ3:データを集計して分析する

商圏調査で得たデータは使わなければ意味がありません。データを集計したら、その結果を経営戦略に組み込んで計画に改善点や課題が無いかを見直していきましょう。
立案されている企画のターゲット層にずれは無いか、今の店舗のコンセプトとターゲット層のニーズは合っているかなど、商圏調査の分析を基に計画内容の具体性を高めていくのです。

また、ポスティングやサンプリングなどの販促をおこなう地域の選定なども商圏調査のデータで絞り込めます。
さまざまな経営活動に商圏調査のデータを用いて、分析結果を長く活かしてください。

まとめ:商圏調査は経営戦略に欠かせないデータ収集方法


商圏調査は自社店舗周辺の地域特性やターゲット層を明確にし、「何をどうやって展開すれば業績がアップするのか」を明確にするための重要なデータ収集方法です。コストや手間がかかるといったデメリットはありますが、データ分析の結果を経営戦略に活かすことでデメリットをものともしない業績向上のチャンスが生まれるでしょう。

また、一から自分たちでおこなうには難しい商圏調査ですが、今は高機能で分析が簡単なツールも販売されています。商圏は定期的に見直し調査を重ねていく必要があるので、ツールを導入しておけばその後も楽に調査を上書きできます。
ツールや実地調査を上手く活用して、会社のためになる商圏調査の結果を作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました