【商圏分析の基礎知識】活用場面や課題を知って経営に活かそう

エリアマーケティング

新しい店舗を出店する場合、出店予定地の特性を知るためにも、事前の商圏調査・分析が重要となります。
では、分析で得られたデータは、どのような場面で活用できるのでしょうか。

この記事では「商圏分析」は何のためにおこなうのか、分析したデータはどのような場面で活用できるのかを紹介していきます。

「商圏分析」は営業効率アップに欠かせない戦略


商圏とは商店や商店街などが商取引をおこなえる地域的な範囲のことであり、商圏分析は会社経営や店舗運営に活かす目的で商圏の特性・住民のライフスタイルなどを調べることです。

地域的な調査である商圏分析は、実店舗を構えて商売する企業にとって必須のプロセス。実店舗の営業・販促以外にも、BtoBの営業活動やオンラインショップ運営に重要なデータが集められます。

商圏分析を活用できる4つの場面

商圏分析は、主に以下の場面で役立ちます。

  1. 店舗開発/新規出店
  2. 販促効果の予測
  3. 企画戦略立案
  4. 地域別売上分析

次に、4つの場面においてどのように商圏分析が活用できるか、もう少し詳しく解説していきます。

商圏分析活用シーンその1:店舗開発や新規出店

商圏分析が必要とされるのは、主に新規出店や店舗開発・リニューアル・テコ入れなどの場面です。

新規店舗の出店候補地周辺に商圏を設定して売上予測やターゲット層を分析することは、出店後の継続的な売上増加を意識した店舗経営をおこなうために必要です。

既存店舗を対象にした商圏分析では、対象店舗の売上低迷や固定客離脱といった課題要因が見つかり、解決への糸口となる場合があります。

商圏分析活用シーンその2:販促戦略や効果の予測

商圏分析から得られたデータに基づいて地区ごとの特性をつかむことで、それぞれのエリアで“効果的な販促方法は何か”を洗い出せます。

チラシやWeb広告の配布/配信で避けたいのは、顧客となり得ないターゲットへ広告を訴求することですよね。商圏分析用のエリアマーケティングGISでは、自社のターゲット層がどこのエリアに居住しているのかを把握できます。

つまりエリアマーケティングGISで商圏を分析することで、広告配布・配信の無駄なコストを減らし、本当に効果が上がる販促を選べるようになります。

商圏分析活用シーン3:企画や戦略の立案

自社商品の需要が見込める商圏や売上が見込めない商圏の特性を把握すると、地域的な強みを知り、将来的な営業戦略へと活かせます。

また、売上が落ち込み始めた既存店舗の企画・戦略を見直し、自社商圏のターゲットに合わせた商品・サービスのラインナップに切り替える際にも商圏分析は役立つでしょう。

商圏分析活用シーン4:エリア別の売上分析

取り扱っている商品が同じでも、商圏内の顧客層と商品の想定ターゲット層がずれている場合、十分な売上を確保できないケースがあります。

商圏分析は、営業結果や会員情報などのデータと自社商圏内のデータを定期的に照らし合わせて、
商圏の特性に合わせた商品・サービスが提供できているかを分析する際に活用できます。

商圏分析をおこなう際の課題と解決策


商圏分析は会社運営における重要な戦略の1つですが、
分析する際は、課題となるポイントについても理解しておく必要があります。

例えば「分析内容のブラッシュアップ」「分析にかけるコストや時間」といった課題について、あらかじめ対策を見積もっておくと、より実効性の高い商圏分析ができます。

課題例1:定期的なブラッシュアップが必要

どんな街でも、人口の増減で商圏の特性が変わることや、商業施設の新規出店で急速に発展するケースもありますよね。
出店時のみで商圏分析を終わらせず、情報は定期的に更新して、分析結果と実際の営業内容をブラッシュアップしなければなりません。

課題例2:さまざまなコストが発生する

時間とツールを使用して商圏分析をおこなうには、人件費も含めて一定以上のコストが必要になります。
また、商圏分析から詳細な情報を得ようとする場合、統計/推計データの購入、会員管理システムの導入・運用、クーポン券の発行・分析など、求める結果に合わせてさまざまな投資も必要になるでしょう。

課題例3:時間を確保しなければならない

商圏を分析するためには、データ分析や実地調査など通常業務以外の時間を確保することが必要です。
あらかじめ、人員調整やタスク管理を意識して分析作業に充てる時間を捻出しておかなければ、通常業務に支障が出る恐れもあります。

【解決方法】公的データや分析ツールを活用しよう

商圏分析は一度きりではなく、長期的に取り組む必要があります。
そのため、事前に最適な分析手順を確認して自分に合ったツールの導入を検討するなど、できるかぎりの簡略化を意識しましょう。

商圏分析におけるコストや作業時間といった課題を解決し、分析工数を簡略化するのがエリアマーケティングGISです。自社PCで実勢に近い商圏分析が可能な「エリアマーケティングツール」の導入をおすすめします。

エリアマーケティング専用のツールは、最新かつ分析しやすいデータに加工されているため、結果として分析にかかる工数の削減にもつながるでしょう。

代表的なツールには、国勢調査のような統計データ以外にも、

  • 購買力を推定できる年収別世帯数推計データ
  • 数年後の商圏特性が予測可能となる未来人口データ
  • 商圏分析の結果を定型のレポートでまとめてくれるレポート作成機能
  • 自社の顧客シェアから商圏の距離を算出する機能

など、専門的な分析をサポートする機能が搭載できます。
これらのデータが備わっているエリアマーケティングツールをうまく活用することで、今後の戦略に活かせる商圏分析が、自社内でも容易におこなえるようになります。

エリアマーケティングGISソフト TerraMapシリーズ | マップマーケティング株式会社
エリアマーケティングGISソフトの定番「TerraMapシリーズ」。エリアマーケティングGIS専門メーカーのマップマーケティング株式会社、製品情報ページ。GISを利用したエリアマーケティング、商圏分析のテラマップを提供。

まとめ:商圏分析の活用法と課題を理解し、ツールも利用して取り組んでみよう


商圏分析では、求める結果に応じたデータや機能・ツール選びなどが重要です。
簡易的な分析であれば時間・人的コストを多くかける必要はありませんが、あくまで企業として生き残るためには入念な調査や繁盛店にするための準備が求められます。

商圏分析における人的・時間的・経費的な課題を解決できるエリアマーケティングツールの活用なども視野に入れ、戦略策定に役立つ商圏分析をおこなってください。

タイトルとURLをコピーしました