店舗集客の基本アイディア6選!状況に合わせた施策の選定を

エリアマーケティング

店舗集客の実務経験が少ない方の中には、お客様を効率的に集めるにはどうすれば良いのか、悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。

特定の競争環境の激しい商圏内における集客施策は、売上に繋げるための最適なマーケティング施策を実施しなければなりません。また店舗集客の手段は多様化しており、インターネットを駆使した集客が主流となっています。
そこで今回は、店舗集客における重要なポイントを解説しながら、効率的に集客するための方法や機能する集客のためのツールを紹介していきます。

この記事を読むことで、現代のマーケティング手法について詳しくなり、店舗集客がはかどるのでぜひ最後までご覧ください。

店舗集客における重要なポイント


店舗集客における重要なポイントの一つとして、ターゲットを明確にすることがあげられます。
顧客が抱える悩み・欲求などから潜在ニーズを把握し、自社商品をどのように認知させるのか、マーケティング戦略を最適化しなければなりません。必要な経費・準備を選定し、目的に合わせた施策を実施することで、効果的な集客が可能となります。

また店舗集客においてはリピーターの存在も重要です。
リピーターは店舗のファンになっている状態です。そのため、ブランディングされた自社商品の購入に対して前向きな態度を示します。継続的な購入が期待でき、さらに客単価も新規顧客に比べて高く、リピーターを増やすことで自社の利益率も高くなるでしょう。

特にインターネットが発達した現代では、実際に利用した方の口コミを参考にする消費者が増えており、SNSなどの媒体を通してリピーターを増やす施策が主流です。以下から効果的な店舗集客の手法として6つ、紹介していきます。

ホームページ・Webサイト


効果的な店舗集客の手段として、1つ目にホームページ・Webサイトの活用が挙げられます。

ホームページは企業の広告塔としての役割を担っており、アクセス数が多いホームページを所持すれば、インターネット上で効率的な集客が可能です。またWebサイト上で会員登録を促進し、会員向けにメールマガジンを配信することで、新商品やイベントの訴求などが効率的に行なえます。

しかし、ホームページのアクセス数を増やすには、ブログを使ったSEO(Search Engine Optimization)やGMB(Google My Business)の運用、Web広告などのさまざまな施策を実施する必要があります。ECサイト(Webショップ、オンラインショップなど)の場合は特に重要となるでしょう。

オンライン広告


オンライン広告は、ホームページ・Webサイトと同様に、効果的な店舗集客の一つとして挙げられます。

オンラインの広告は、

  • 検索結果の上部に表示されるGoogleやYahooなどの検索エンジンと連動するタイプのリスティング広告
  • Webサイトの広告枠にバナーを表示されるディスプレイ広告
  • SNSの興味関心毎に応じたターゲティング広告
  • 位置情報と連動したジオターゲティング広告

などがあげられます。

ECサイト(Webショップ、オンラインショップなど)の場合は、リスティング広告やディスプレイ広告などが、需要を予測しやすく売上に直結しやすいでしょう。また、リターゲティング広告 / リマーケティング広告(リタゲ / リマケ)という手法も、ECサイトから売上を上げたいという方におすすめです。

店舗への来店促進をWeb広告で行う場合は、位置情報を使ったジオターゲティング広告が効果的です位置情報を取得することで、特定の場所にいるユーザに適切なタイミングで広告を配信できる手法となっています。
そのため、店舗周辺にリアルタイムでいるユーザ、来店した履歴がGPS経由で取得できるユーザを集客したい場合に有効です。

店舗専用アプリ


効果的な店舗集客の3つ目の手段は、店舗専用アプリを活用することです。

人員を増やさずに店舗集客の成果を上げられ、さらに顧客とのコミュニケーションも強化できる手法として、多くの企業で採用されています。

また店舗専用アプリはプッシュ通知を備えており、店舗側からのアプローチが可能な点が特徴です。キャンペーンやイベント情報を顧客に直接訴求することで、店舗を意識する回数が増やせ、効果的な集客に繋がります。

SNS


効果的な店舗集客の手段として、4つ目にSNSの活用が挙げられます。

スマートフォンが普及した現代では、SNSを使いリアルタイムで店舗情報を検索する方が増えています。主にTwitter・Facebook・Instagram・LINEが利用され、SNSを念頭においた集客戦略が必須です。

写真投稿が多いTwitter・Instagramでは、見栄えが良い商品・サービスの写真を沿えて訴求すると拡散しやすく、効果的に店舗集客できます。特にInstagramは若い女性の利用率が高く、アパレルやスイーツ関連の写真を投稿すると効果的です。LINEも店舗に関する情報の訴求やスタンプを使った認知施策も有効でしょう。

またFacebook広告はターゲティング精度が高く、企業ページをFacebookページ上で作成し、いいねの数やフォロワーを集めることで集客しやすい媒体になります。

また、SNSを利用している年代は若い世代が多い思われがちですが、SNSの種類によっては40代~60代の利用率が高いSNSもあるため、特定の年齢層に向けた情報の訴求も可能となっています。

≪参考≫
2020年8月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ>
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

ポスティング・折込チラシ・DM


効果的な店舗集客の手段として、5つ目にポスティング・折込チラシ・DMの活用が挙げられます。

インターネットを介さない従来の手法ですが、自社商圏内で集客する際は、ポスティング・折込チラシを採用するのが主流です。会員情報があればDMも訴求力が高く、位置情報広告と組み合わせて活用する事例が増えています。

ポスティング・折込チラシを活用する際は、対象客を絞り配布数を少なくすることで、顧客へのリーチ精度が高まり低コストで店舗集客できます。新聞を取っている家族世帯、特に主婦やシニア層に向けて宣伝したい場合に効果的です。

イベント


効果的な店舗集客の手段として、6つ目にイベントを開催することが挙げられます。

自社製品を紹介するイベントを開催し、サンプリングやモニタリングといった製品体験を通して、消費者へ訴求する手法です。自社製品に対する消費者の興味・関心が高まり、新規顧客やリピーターの集客効果が期待できます。

またイベントを開催する際は、訴求する商品・サービスに合わせ適切な施策を選ぶ必要があります。自社製品の特徴だけを強調せず、ターゲットとなる顧客のニーズを忘れないよう注意しましょう。

まとめ:効率的な店舗集客の6つの方法

SNSを活用した店舗集客は、拡散力が高く最も低コストで実施できます。
また広告の予算が確保できたら、オンライン広告やHPで検索上位に表示させインターネット上で集客するのが非常に効率的です。

ただ年配者が多い地域でしたら、新聞の折込チラシが最も効果的に集客できるでしょう。どのような施策を実施するのかは、店舗の特徴や立地、ターゲットとなる顧客層によって決めると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました