「地域ターゲティング」を活用して広告配信の費用対効果を高める方法

エリアマーケティング
この記事は約5分で読めます。

「地域ターゲティング」を活用して広告配信の費用対効果を高める方法

地域を指定せずにリスティング広告を掲載すると、ターゲット以外のインターネットユーザによるクリックが増えて広告費用ばかりが高くなる恐れがあります。地域を絞りこんで広告を掲載したいときに役立つのが「地域ターゲティング」です。

ここでは、リスティング広告における配信地域を限定する地域ターゲティングを活用した費用対効果を高めるコツ、地域ターゲティングができるWeb広告サービスなどを紹介します。

リスティング広告における「地域ターゲティング」とは?

ネットユーザーーGoogleやYahoo!などで検索エンジンで調べた結果に連動して掲載される広告「リスティング広告」といいます。リスティング広告を利用している企業や店舗は多いでしょう。

しかし、リスティング広告はクリックによって課金されるため、実際の来店客数や購買数よりターゲットエリア外からのクリック数が多いと、広告配信の費用対効果が低くなることもあります。したがって、サービスを提供できないユーザに対して広告を配信しないなどの措置が必要です。

地域ターゲティングは、スマートフォンの位置情報機能を活用して、指定したターゲットに合った広告配信をおこなう手法です。リスティング広告を利用する際に地域ターゲティングを設定することで、不要なクリックを除外でき特定の地域に効率よく広告を配信できるようになります。

地域ターゲティングができるWeb広告サービス

地域ターゲティングを導入・運用する際には、Web広告サービスの特徴を理解して比較検討する必要があります。配信したいターゲットやエリアに適したWeb広告の会社を選ぶためにも、主なWeb広告代行サービスの概要・メリット・デメリットについて解説します。

Google広告

Google広告の配信面はウェブサイトやYouTube・Gmailで、配信エリアは1kmから設定可能です。「国」「国内の地域」「特定の地点を中心とした一定範囲」の3種類からエリアを特定できます。「①指定した地域に現在いるもしくは頻繁に訪れるユーザ」「②指定した地域にいないがその地域に高い関心を持っているユーザ」「①と②の両方に当てはまるユーザ」といったように、さらに細かく絞り込んだ設定が可能です。

Google広告はウェブサイトの検索行動からユーザの興味関心を特定できるため、ターゲティング精度が高いのが大きなメリットです。デメリットは配信の設定が困難な点です。

LINE広告

LINE広告は、LINE関連のサービス上で配信されます。LINEを利用する最大のメリットは、他のSNSサービスと比べてユーザが圧倒的に多いことです。FacebookやInstagramといったSNSを利用していない人でもメール手段としてLINEを使っている人が多く、ウェブサイトの閲覧が少ない人にも広告を配信しやすいです。

自社ビジネス用アカウントに友達登録をしている人と似た属性のLINEユーザにも広告を配信できるため、自社にニーズがある人を広く取り込めます。ただし、配信エリアが3kmからと若干広くなるため、他のWeb広告サービスより細かいエリア設定はできないのがデメリットです。

Facebook広告

Facebook広告は、FacebookとInstagram・Facebook Messenger・Audience Network(オーディエンスネットワーク)が配信面で、配信エリアは1kmから指定できます。
Audience Networkとは、Facebookが提携しているサイト・アプリの配信広告枠です。例えば国内では「食べログ」「ジモティー」などがあります。

他のSNSと違って実名で登録するFacebookには、年齢や学歴・ライフイベントなどの個人情報が登録されているため、よりパーソナルな内容によるターゲティングが可能で、広告の精度を高められるのが大きなメリットです。自社の会員と類似のユーザをデータ解析して、自動でターゲティングする機能も持ち合わせています。しかし、他のサービスと比べて、クリック単価が割高なのがデメリットです。

地域ターゲティングを設定するとなにができる?

地域ターゲティングを設定する際、ユーザの位置情報にインターネットの検索履歴やユーザの属性などといったデータを組み合わせることにより、より精度の高い広告配信設定の調節が可能です。

地域ターゲティングを利用することによって、東京在住の人・通勤・通学している人を指定して広告を配信する、あるいは東京在住の人・通勤・通学している人だけではなく東京に興味・関心のある人にも広告を配信するというように、ターゲットをより細かく設定できます。

実店舗を持つ企業などが顧客をオンラインからオフラインに誘導する施策としても、地域ターゲティングが効果を発揮します。例えば、店舗の近隣に住む潜在顧客に対してセールやお得な情報などを掲載した、来店を促す広告を配信できます。より細かくユーザのニーズに合わせた配信をおこなえるのが地域ターゲティングの強みですが、強みを最大限に活かすためには、分析した顧客データに基づいて適切な設定をしましょう。

まとめ:地域ターゲティングで費用対効果を高めよう

広告配信の精度を上げるポイントは、地域ターゲティングを設定して無駄なクリックを減らすことです。そうすることでリスティング広告の費用対効果を改善できるでしょう。地域ターゲティングの効果を高めるためにも、顧客分析を実施したうえで適切に設定することがとても重要です。

地域ターゲティングが可能なWeb広告サービスや管理ツールははいくつかあるため、それぞれのメリットとデメリットを理解し、自社の目的や広告予算に合わせたサービスを使用しましょう。検索履歴などの情報を組み合わせることで広告の精度をよりいっそう高められます。web広告サービスが提供している資料や、実際に取り入れた企業の事例を参考にして広告サービスの見直しも併せて検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました