ポスティングの費用対効果を測るには?効果を高めるコツも紹介!

販売促進

ポスティングは多くの実店舗で集客施策として実施されています。コストがかかる集客施策だからこそ、費用対効果を高めたいですよね。

とはいえポスティングは配布枚数を増やしたり、配布エリアを工夫したりしない限り反響を得るのが難しい施策でもあります。そこで今回の記事では、ポスティングの費用対効果を測る方法や、ポスティングの費用対効果を高めるためのコツを紹介します。

ポスティングの費用対効果とは?

費用対効果とは、「かけた費用に対してどのくらいの成果があったのか」を把握するための指標を指しています。ポスティングを行うにはチラシデザインや印刷費、配布員へ支払う人件費といったコストがかかります。このコストに対して十分な集客や売上が発生しなければ、チラシを作成しポスティングした時間も無駄になってしまいますよね。そこで、チラシを配布したことによる成果を測定しコストに見合っているかどうかを測るという分析が必要になるのです。

適切にポスティングの費用対効果を測定できれば、チラシの枚数や配布地域・配布日時などの見直しに役立ち、費用対効果の高いポスティングへ改善するきっかけになるでしょう。また、ポスティングの費用対効果を高めると店舗の売上アップにも繋がります。

ポスティングの費用対効果を測るには?

ポスティングの費用対効果を測るには、まずチラシによる効果を数値化するための仕組みを作成する必要があります。そのデータを参考にして効率的な施策になっているのかを分析をするのです。ここではポスティングの費用対効果を把握していく方法を具体的に解説します。

1.費用対効果を測る仕組みづくりを取り入れる

はじめに、ポスティングの費用対効果を測るためには配ったチラシに対してどのくらいの顧客から反応があったのかを表す「反響数」を算出しましょう。
「チラシを見た人がどのような反応をしたのか」を判断できる仕組みを取り入れることで反響数をカウントできるようになります。反響数を出す仕組みとしては以下の方法があげられます。

  • チラシに配布エリアごとに異なるQRコードを入れ、QRコードから特設サイトへのアクセス数をカウントする
  • チラシに添付したクーポンの利用数をカウントする
  • 専用フリーダイヤルを印刷し、電話があった件数をカウントする
  • 来店・購入動機の項目に「チラシを見て」のチェック欄を設けたアンケートを作成する。
  • チラシの欄に印が入ったアンケート用紙を数える

商品やサービス、ターゲットとする客層などによって適切な方法を選びましょう。

2.反響率を計算し分析する

ポスティングに対しての反響数が把握できたら、費用対効果を客観的な数値として捉えるために「反響率」を計算しましょう。反響率は次の計算式で算出できます。

反響率(%)= 反響数 ÷ 配布したチラシの枚数 × 100

反響数を測る仕組みを細分化しておくと、全体的な反響率だけでなく「○○代の女性に配布した枚数のうち、商品問い合わせに繋がった割合」などさまざまな観点で分析が行えるようになります。なるべく詳細なデータを集めて分析に活かしてください。

3.費用対効果を正しく測定するには?

費用対効果を正しく測定するために必要な事項は以下の3点です。

  • 配布地域・配布数、曜日を含めた配布日時は必ず記録して分析に取り入れる
  • 配布時期によって反響率は変わるため、定期的な分析と比較をおこなう
  • 売上の伸びをポスティング前と比較し、費用に見合う効果があったのか分析する

多角的な分析によってポスティングの費用対効果を正しく測定できます。ポスティングの目的を明確にし、費用に対してどのくらい達成できているかを常に見極めましょう。

ポスティングの費用対効果を高めるコツ

ここでは、ポスティングの費用対効果を高めるコツを以下の4ポイントに絞って解説します。

  • 配布地域の徹底分析
  • ニーズに合う配布先の選択
  • 配布する時間・曜日の厳選
  • 配布するチラシの内容精査

どれも費用対効果を高めるために重要な項目です。はじめてポスティングをする人はぜひ参考にしてください。

配布する地域の分析を徹底する

ポスティングを行うときには、配布する地域に対するマーケティングを徹底しましょう。

  • どんな年齢層の顧客が多いのか
  • 世帯構成はどうなっているのか
  • 競合店舗は、どのような店舗が何店舗あるのか

といった地域の特性を把握することで、より費用対効果の高いポスティング計画を立てられます。

例えば類似サービスを提供している競合店舗が、特定のエリアに住むターゲットに対してキャンペーンチラシを配布していたとします。競合店から自社のサービスに切り替えてもらうために、同じターゲットに対して、競合店よりメリットのあるキャンペーンを打ち出したチラシをポスティングすることで、競合店の顧客を奪える可能性があります。

また、どこのエリアにチラシを配布したかを分析することで、競合店の主なターゲットは何か、販促施策はどのような戦略なのかを把握できるでしょう。

ニーズに合う配布先を選ぶ

ポスティングはサービスを利用する可能性が高いユーザ層に限定しておこなうことで、費用対効果を高められます。

例えば、独身の若者が多い地域にテイクアウト専門店を出していたとします。「期間限定で毎日、夕方のタイムセールで1人前の格安惣菜を販売する」旨のキャンペーンチラシを配布すれば、そのポスティングの費用対効果は高くなるでしょう。

このように提供するサービス、商品をどのターゲット層にアピールするかをよく考慮して、ニーズに合う配布先を選択するようにしましょう。

配布する時間や曜日を厳選する

ポスティングは配布する枚数が多ければ多いほど、コストが多く必要になります。

費用対効果の高いポスティングをおこなうためには、限られたチラシの配布で高い集客ができるような計画を練る必要があります。ポスティング効果が出やすい曜日や時間帯を厳選して配布すると、限られたコストでより多くの顧客にチラシが届き、より高い集客を望めるでしょう。

配布するチラシの内容を精査する

配布するチラシの内容も、費用対効果を高めるために重要な要素でしょう。

配布するチラシは、商品の特徴やサービス内容が一目で分かるデザインをおすすめします。具体的にどんなサービスを売りにしているのか、キャッチコピーを前面に打ち出すのもよいかもしれません。見る人の期待を刺激するような内容であれば、チラシを見てアクションを起こす可能性も高まります。配布前に内容を十二分に精査して、無駄にならないチラシ作成を心がけましょう。

まとめ:ポスティングの反響率を見て費用対効果を高めよう

ポスティングの費用対効果を測るには、反響率を測る仕組みを作成しさまざまな観点で分析をおこないましょう。

適切にポスティングの費用対効果が分析できれば、分析結果を基にして配布エリア・クリエイティブ・訴求内容をより具体的に改善できます。その結果、コストに見合ったポスティングの実行や、店舗売り上げの向上に
繋がるのです。

ポスティングの費用対効果を高めるにはさまざまな方法がありますが、まずは会社のターゲットや商圏について分析するところから始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました