出店計画の立て方とは?重要な要素や戦略方法について解説!

店舗開発

新店舗をオープンさせる際に欠かせない「出店計画」という戦略があります。店舗経営をしていれば一度は耳にしたことがある言葉でしょう。しかし、実際に出店計画を立てろといわれると、何から取り掛かればいいか分からないという人は少なくありません。

今回の記事では、出店計画に欠かせない要素や戦略、成功率が高い計画を立てるためのポイントについて解説します。

出店計画とは?店舗拡大に欠かせない3つの要素

「出店計画」とは、新たにオープンする店舗のコンセプトや方向性、売上目標などを組み立ててまとめる計画・戦略を指します。

出店計画が無ければ何を目指して出店を進めるべきかが曖昧となり、経営戦略の軸も定まりません。
出店計画は「店舗出店の設計図」ともいえる重要な存在なのです。

出店計画を作成する上うえで、欠かせない3つの要素があります。出店計画の軸を支えて店舗拡大を成功させるそれぞれの要素について、理解を深めましょう。

出店計画の要素①:店舗の方針や業態

出店計画を立てるときに最も重要な要素は「店舗の方針や業態」です。店舗の業種やサービスを提供する形態・販売方法などが含まれます。
つまり、「どんな店で何をどんな方法で販売するか」をはっきりとさせるのです。

店舗の経営は決まった方針に基づいて進められていきます。方針に矛盾が生まれてしまうと、当初の計画から店舗の運営方法などを大きく軌道修正しなければならない状態に陥り、業績を停滞させてしまう原因となるでしょう。

出店計画を組み立てて店舗の方針や業態を考える際には、自社ブランドの方向性やニーズを洞察し、もっとも効果が高い方法を見極めましょう。

出店計画の要素②:コンセプト

店舗のコンセプトも出店計画に欠かせない要素の一つ。

店舗のコンセプトは、その店のイメージやテーマを決めるうえで欠かせない、店舗運営の基礎です。どんなターゲット層に向けて商売をおこなうのか、どんな内装や販促を取り入れるかなど、店舗のイメージをブラッシュアップしながら方向性を定めていきます。

先に定めた方針と照らし合わせて、内容にズレが起きないように出店計画を組み立てていきましょう。
コンセプトは今後の経営主軸となるため、すべての従業員が理解しやすいキャッチフレーズをつけると効果的です。

例えば、地域密着型で地域最安値を目指すスーパーであれば
「EDLP(エブリデー・ロー・プライス)を追求し地域に愛されるお店づくり」というキャッチフレーズを掲げ、従業員全員で共有してみましょう。こうったコンセプトを固めることで、その方向性に向かっているかのチェックが可能なり、KPIやKGIなどの目標設定が可能になるうえに、判断に迷うような重要な意思決定もこのコンセプトをもとに判断を下せるようになります。
このように、従業員が店舗のコンセプトを理解していれば、全員が同じ方向を向いて店舗運営を進めていけるでしょう。

出店計画の要素③:自社の状況

自社の現状を把握することは、実現可能な出店計画を作るための重要な要素です。

自社の市場における立ち位置や現在の経営状況などを分析し直し、新たな出店店舗にどの程度の経営資源を費やせるのかを計算しましょう。
また、競合他社の成長度や予測される顧客数の分析もおこなう必要があります。出店した店舗がどの程度の売り上げを見込めるかを現状から洞察し、明確な売上予測を立てていきましょう。
ここで分析した予測内容が経営計画で立てられる売上目標に活かされていきます。

成功する出店計画に欠かせないポイント


出店計画は、ただやみくもに要素だけを押さえて作成すればよいというわけではありません。そもそも、出店計画というのは新たにオープンする店舗の成績を伸ばし、成功させるための存在であるためです。
新規出店を成功させる出店計画は、どのように作ればいいのでしょうか。ここでは、出店計画に欠かせないポイントについて3つ解説していきます。

開業予定地での売上を予測する

店舗を出店した後は、売上を上げて経営を安定させなければなりません。
売上アップのためにはまず、開業予定地の売上予測をおこなう必要があります。

出店後の売上を予測し、「新店舗の売上目標値」を明確にすることで、その目標値に向かって経営計画や販促計画を立てられるようになるのです。

なお、開業前の店舗には実績がないため、売上予測を立てる際には「回転率法」や「ハフモデル」「類似店分析」「重回帰分析法」といった分析手法を活用します。

目標設定を明確にする

売上予測を立て、その開業予定地で出店することが決まったら、店舗の目標設定に移りましょう。
目標設定には売上だけではなく“どの時期に出店すべきか“も含まれます。目標を設定することで逆算的にスケジュールを組み立て、出店計画をより詳細に設定していくのです。

新店舗の目標設定は「エリアマーケティングGIS」によって、商圏内のターゲット属性の世帯数や人口数、自社/競合商圏内の地域特性なども分析することをおすすめします。

エリアマーケティングGISの詳細を見に行く

誰に伝えるかを見据えた計画書を作成する

出店計画は内部で共有するだけではなく、役員や株主・融資を依頼する金融機関などに提出する書類です。
提出先によって重視するポイントが違うため、
書類の読み手が「何を知りたいか」「何に注目しているか」を意識して計画書に落とし込みましょう。

例えば、融資をおこなう金融機関は、経営資源や出店後の売上など利益的な部分に注目するでしょう。
出店計画に携わる社内関係者はコンセプトや方針に強く興味を示す場合もあります。誰が何を聞きたいのかをはっきりさせて分かりやすい内容で仕上げることも、成功する出店計画のポイントです。

また内容以外ではデザイン性も重要なポイントの一つ。「カッコいい出店計画書・事業計画書」という意味ではなく、理解しやすいように、内容が伝わりやすいように資料自体のデザインが整っている
「わかりやすい出店計画書・事業計画書」であることも重要です。資料を作成する際は主観的な目線だけではなく、本番前に第三者に説明して、理解しやすく内容がまとまっているのかを確認しましょう。

出店計画にはエリアマーケティングが欠かせない


出店計画を立てるときにはエリアマーケティング戦略を活用しましょう。

エリアマーケティングとは、地域によって異なる市場特性を分析し、地域に合ったアプローチでビジネスをおこなう手法です。出店計画時にエリアマーケティングで情報を集めておけば、その地域の特徴やニーズ・ターゲット層などが明確になり、より精度が高い内容の計画を作成できるでしょう。

また、出店地域を決める際にも、エリアマーケティングGISで得られるさまざまな統計データや推計データが役立ちます。例えば、国勢調査のデータや商業統計データ・リンク統計データなどが一気に参照できるので、地域選定の段階から積極的に取り入れていきましょう。

まとめ:出店計画を正しく作って自社ブランドの新規進出を成功させよう


さまざまなデータを元に出店計画を作成できれば、店舗の成長度や売上は格段に向上します。

自社ブランドの店舗が増えれば認知度も高まり、今まで以上に顧客に愛され親しまれる店として市場で勝ち抜いていけるでしょう。出店計画はその足掛かりのような存在です。自社ブランドの新規進出を成功させるためにも、まずはエリアマーケティングで出店成功率が高い地域を選定し、地域特性に合った方針やコンセプトを定め「将来性がある出店計画」を組み立てましょう。

タイトルとURLをコピーしました