店舗開業に必要な「調査」を紹介!データで事業を成功させよう

店舗開発
この記事は約5分で読めます。

店舗を開業するにあたり、市場調査や商圏分析といったさまざまな調査が必要なのはご存じですか。
大きなフィットネスクラブやスーパー・個人の飲食店や雑貨屋でも、安定した店舗経営をおこなうには、事前調査をしたうえで開業準備を進めていく必要があります。
今回は、店舗の開業に必要な調査を解説しますので、データを活用して経営を成功に導きましょう。

店舗開業は「コンセプト」を決めることから


店舗の開業には、

  • マーケティング、市場調査
  • 物件選定、立地調査、競合店分析
  • 事業計画書の選定、開業資金の計算と調達
  • 外観や内装、什器の調達
  • 商品やサービス、接客スタイルの決定
  • 開業の認可や届け出
  • 従業員募集、接客ガイド・オペレーションマニュアルの作成

など多くの準備が必要になりますが、
まずは事業のコンセプトの決定を行います。

もしコンセプトが定まっていない、または曖昧なままだった場合、
事業計画書が作成できず融資を受けられなかったり、今後調査で必要とするデータを深堀して集められなかったりするでしょう。

また、コンセプトを決めるときは7W2H、つまり

「いつ(When)」
「何を(What)」
「どれを(Which)」
「どこで(Where)」
「誰に(Who)」
「誰が(Whom)」
「なぜ(Why)」
「どのように(How)」
「いくらで(How much)」

を軸にコンセプトを練ると、より具体的になるでしょう。コンセプトが決まると店舗開業時のイメージを具体化しやすく、開業に向けて必要な準備や調査を明確にできます。

失敗しない店舗開業に必要な3つの調査/分析カテゴリー


立地や出店エリア、住民特性などのあらゆるデータを調査・分析することは、店舗の開業を成功させるために欠かせません。店舗開業時に必要な調査方法を詳しく解説していきます。

市場調査

市場調査は、業種の規模や今後の動向・社会の動き・将来性などを見据えて、開業が実現できるかどうかを分析するための調査です。実際に調査する際は、ある程度出店エリアを絞り込む必要があります。なぜなら、開業しようとしている店舗のターゲットが開業予定エリアにどのくらいいるのか、店舗予定地の通行量がどの程度かを調べる必要があるためです。

例えば、単身世帯が多いエリアにファミリー向けの施設を出店しても集客に繋がる可能性が低いと考えられるように、開業予定エリアに集まる人のニーズと店舗のコンセプトが合っているかを調査する必要があります。

開業エリアを絞り込めたら、定量的な市場調査をおこないます。時間帯別に近隣駅の利用者数や男女の割合、年齢人口を調べましょう。ある程度出店地が決まっている場合は物件の周辺で調査します。市場調査により、出店予定エリアにどのような人が多く集まるかが分かるでしょう。

商圏調査/分析

商圏分析では、出店候補となっている物件の商圏が業種にマッチしているかを分析しましょう。

出店予定地から移動時間・交通手段などをもとに半径何kmと商圏を決め、地理や人口・世帯・事業者数・住民のライフスタイルを調査・分析します。また、競合店を調べることも大切です。商圏における競合店の数、営業・経営状況を調査して、分析結果を経営戦略に生かしましょう。

GISを使った商圏分析のやり方についてはこちら

商圏分析のやり方、商圏調査の方法 | マップマーケティング株式会社
商圏分析のやり方と商圏調査の方法をご紹介します。出店・退店分析などの店舗開発、チラシ・DM・ポスティングなどの販売促進、顧客データをつかった顧客分析の3つのシーンにおける例を元に、商圏分析と商圏調査のやり方を解説していきます。

立地調査

立地調査では、出店予定地の周辺を調査して、エリアに集まる人と地域全体の雰囲気が自社のコンセプトに合っているか、アクセス動線は十分かなどを調べます。

調査する際は、開業予定地がオフィスエリアか、商業エリアか、住居エリアなのかといった商圏の特徴を把握し、自社のターゲットとなる顧客がどれくらいいるのかを把握しましょう。また、街並みや人の流れなどを近隣店舗の様子でチェックするのもおすすめです。

立地調査については地図やアプリでの確認だけではなく、現地に足を運んで調査する「現地調査」もおこなったほうが、より有力な情報を得られるでしょう。

店舗開業の調査にはマーケティングツールが便利


実店舗のビジネスにおいて、出店前の調査や分析は開業後の安定した経営に直結しますが、調査に慣れていなければ店舗開業の成功に役立つ情報を詳しく調べるのは困難です。そこで、マーケティング初心者でも詳しい調査をおこなえるマーケティングツールを利用してみましょう。

例えば、総務省統計局が出している商圏分析ツールなどいろいろと無料で利用できるツールもあるため、無料ツールを試してから必要な機能や調査に応じて有料ツールを使うのも手段の一つです。店舗開業準備にはやるべきことが多々ありますが、事前のマーケティングは今後の店舗経営を左右するほど重要であるため、ツールを有効活用して効率よく詳細な調査をおこないましょう。

また多店舗展開する際は、店舗同士のカニバリを防いだり、事前調査の効率を上げるためにも、エリアマーケティングGISの導入がオススメです。

店舗開発・出店地分析のための商圏分析ソフト、GISツール活用例はこちら

店舗開発における商圏分析の方法 | マップマーケティング株式会社
店舗開発での商圏分析の方法と活用例 店舗開発の分野での商圏分析の例をご紹介します。立地分析や売上予測を始め競合店分析やFC展開にとご活用いただけます。候補物件周辺の人口や世帯数などを集計し、簡単に商圏分析を行なうことができます。 出店可否をジャッジする際など出店計画にお役立ていただけます。

まとめ:調査データを活用して事業の安定化に繋げよう

事前の市場調査・商圏分析・立地調査は、店舗開業の成功と安定した経営・店舗運営の基礎となります。調査前に店舗経営のコンセプトを決めて、調査で得られた情報を出店計画や準備に活用しましょう。

店舗開業前にやっておくべき調査内容を理解し、マーケティングツールを活用するなどして効率よく調査を進め、得られたデータを準備に活かしましょう。

タイトルとURLをコピーしました